八海山のこだわり

季刊誌『魚沼へ』

八海醸造株式会社が発行する年4回の季刊誌です。

魚沼へ 2019 AUTUMN 秋号 Vol.64
魚沼の秋、地味豊かな食材たち
魚沼の秋は鮮やかに光輝く。黄金色に広がる田んぼの美しさは見飽きない。
銘品・コシヒカリをはじめ、魚沼の秋は山里の味覚の宝庫だ…
様々な食材が季節感もなく幅を利かせている昨今、風土の味を季節ごと食べるという幸せがこの地にはある

料理上手の関由子さんに教わる 魚沼に伝わる秋のお惣菜
山栗のおこわ/秋の定番三品/秋の煮物/こんにゃくの炒り煮

秋の味覚を長く楽しむ知恵が詰まった 魚沼の常備菜
ずいきの酢漬け/みょうがの佃煮/糸うりの粕漬け
コラム 魚沼の道の駅で手に入る保存食

そばの隠れ里「鷹の巣」の味 魚沼の新そば

秋の夜長に一献!季節をめでる酒の肴&〆の一品
きのこ5種のすまし汁仕立て/焼き帆立のねぎ塩のせ/柿ときくらげの白和え

塩鮭の焼きびたし/かますと秋野菜の炊き寄せ
鶏肉と栗の旨煮/無花果のごまだれがけ/きぬかつぎと名残りの枝豆
白粥のイクラのせ/とろろ月見そば

清冽な雪どけ水と作り手の想いが作り出す 南魚沼のコシヒカリ

連載=わたしの魚沼③「秋の風景」尾身伝吉
連載=魚沼おもしろブック③「大石庄司平の三翁」本山賢司
連載=今宵も一杯!③秋刀魚の蒲焼き/秋刀魚のつみれ香味揚げ/秋刀魚の梅煮
連載=雪国通信③「上越市・岩の原葡萄園」池内 記
連載=魚沼有情⑮「柿食えば…」柳木昭信

インフォメーション・魚沼歳時記・新刊紹介・展覧会情報
表紙のことば・バックナンバー
今宵いい味いいお店64
八海山たより・秋号執筆者プロフィール
Summary(英文要約)

“魚沼”を紹介します

“魚沼”は、新潟県の南部一帯に広がる分置郡の総称です。周囲を峻険な山々に囲まれ、その盆地を縫うように信濃川、魚野川という二つの大きな川が流れています。人口はのべ20万人足らず。冬には3mの雪が降り積もります。

主力産業の農業は、お米が有名です。「魚沼のコシヒカリ」の味は、日本一と言われています。農作業が出来ない冬期間の仕事として、織物業が栄えました。特に「越後上布」といわれる麻織物は、国の無形文化財に指定されています。
山菜はもちろん、様々な山野草が季節を彩ります。川には鮎をはじめとする魚たちが銀鱗をきらめかせ泳いでいます。魚沼は、魚がたくさん住むところ、という意味だそうです。

八海醸造は、この魚沼で酒をつくっています。そこで働くほとんどの人たちが、この魚沼で生まれ育ちました。みんなに共通していること、それは、この“魚沼”が大好きだ、ということです。

私たちは、この“魚沼”を世界で一番すばらしいところだと思っています。そして、私たちは、ここで酒を造っています。弊社発行の『魚沼へ』をご覧いただくことで、この魚沼の魅力を少しでもお伝えすることができれば、私たちにとって何よりの幸せです。

『魚沼へ』編集長からメッセージ

企業臭のない類まれなPR誌『魚沼へ』が誕生したのは、平成15年12月のことです。この冊子の誕生はひょんなことから始まりました。

・・・・・それまでも愚直にいい酒づくりをしてきた八海醸造は、ことあるごとにホームページや会社説明ビデオなどでアピールしてきましたが“真のPRは”と考えているうちに、製品の魅力だけを訴えるのではなく、その製品が生まれてくる風土、自然の豊かさ、人々の暮らしを前面に出して、いい酒がなぜ出来てくるのか、そのバックボーンを皆さんに知ってもらわなければならないことに気がついたのです。

それは亡き先代の社長の言葉が大きなヒントになっています。
いわく「魚沼の地域は清酒造りには断然適した、神様が酒を造るために授けてくれた土地なのだから、私たちはいい酒を造る責任がある」というひと言でした。

南雲二郎現社長も創刊号の中で「魚沼の自然の中で暮らしていると、つくづくこの自然に生かされているんだなと思います。この自然の中でいろいろな文化が生まれ、そのひとつとして清酒八海山が生まれました」と、その思いを述べています。

いままさに、刊行から15年以上が経ちました。そこで、さらに皆さんに魚沼の魅力を知っていただきたく、こうして『魚沼へ』を改めてご紹介できることをうれしく思います。

『魚沼へ』編集長 森田 洋

『魚沼へ』バックナンバー

魚沼へ 2019 SUMMER 夏号 Vol.63
魚沼へ 2019 SUMMER 夏号 Vol.63
坂戸山、戦国の古城遊歩―国指定史跡の登録40年を機によみがえる石垣
坂戸山は、かつて越後の国の最前線だった。以来、古城跡が国指定の文化財に登録されてから40年。
いま古城跡の石垣修復工事も無事完了し、ふたたび注目を集めている。

坂戸城跡index/坂戸山 上杉―長尾略年表
上田史談会会長・坂戸元区長 大嶋要三さんに聞く
埋田堀と銭淵
御館跡と石垣
御坂と桃ノ木平
実城と大城
坂戸山ハイキングGUIDE 江戸後期、文化文政時代に描かれた坂戸山古図の数々

連載=わたしの魚沼②「みんな静かに生きている」尾身伝吉
連載=魚沼おもしろブック②「小出のフォーク仲間」本山賢司
連載=今宵も一杯!②「初鰹」たたき鰹の辛子酢味噌添え/鰹の韓国風角煮/鰹の竜田揚げ 夏野菜添え
連載=雪国通信②「柏崎・番神堂」池内 記
連載=魚沼有情⑭「鮮やかな緑に想う・夏」柳木昭信

インフォメーション・魚沼歳時記・展覧会情報
表紙のことば・バックナンバー
今宵いい味いいお店63
八海山たより・夏号執筆者プロフィール
Summary(英文要約)
MORE
魚沼へ 2019 SPRING 春号 Vol.62
魚沼・池沼さがし―池沼めぐりのたのしみ
山並みが迫る魚沼では、山間部に必ずというほど池沼が現れる。
そこは生活の水だけでなく、貴重な自然体系の宝庫だったり、古くから伝わる伝説の地だったりと興味が尽きない場所でもある。

機織りの厳しさを伝える悲話を秘めた お松の池(南魚沼市小栗山)
人気TV番組「日本昔ばなし」でも紹介された 牛池(十日町市八箇甲)
山奥にひょっこり顔を見せる 鶴沼池(十日町市真田丙)
謡曲「松山鏡」発祥の地 鏡ヶ池(十日町市松之山中尾)
魚沼ならではの湧水の里 龍ヶ窪(津南町谷内)
松代のすがすがしい風に吹かれて 城の池(十日町市室野)
魚沼・その他の池沼 鏡ヶ池(大栃山)/二千年蓮の池/重地大池/蒲生ヶ池/竜王池/牛池(海老)

連載=わたしの魚沼①「春の風景」尾身伝吉
連載=雪国通信①「新潟・イタリア軒」池内 紀
連載=魚沼 おもしろブック①「二つの骨董店」本山賢司
連載=今夜も一杯!①「菜の花料理」 菜の花と鶏ささ身の薄くず煮/菜の花のピリ辛あえ/菜の花のサーモン&チーズ巻き
連載=魚沼有情⑬「春うらら」柳木昭信

今宵いい味いいお店62
インフォメーション・新刊紹介・展覧会情報
表紙のことば・バックナンバー
八海山たより・春号執筆者プロフィール
Summary(英文要約)
MORE

『魚沼へ』購入方法

購入のお申し込み・お問い合わせ

フリーアクセス
0800 – 800 – 3865
平日のみ 9:00-17:00
八海醸造株式会社 新潟県南魚沼市長森1051番地
『魚沼へ』係 担当:井上・勝又

販売価格

定期購読
1年間4冊 760円

(税・送料込・振込手数料はお客様負担)

(1冊108円+送料82円)×4回

  • 春号:3月末お届け
  • 夏号:6月末お届け
  • 秋号:9月末お届け
  • 冬号:12月末お届け

※2年目以降は改めてお申し込みください。

バックナンバー購読

バックナンバーの販売価格と送料は以下のとおりです。下記料金の他に、郵便払込手数料または、代引の場合は部数にかかわらず、送料(540円)と代引手数料(324円)が必要です。

部数 冊子代 送料 合計(税込み)
1冊 ¥108 ¥86 ¥194
2冊 ¥216 ¥86 ¥302
3冊 ¥324 ¥164 ¥488
4冊 ¥432 ¥164 ¥596
5冊 ¥540 ¥164 ¥704
6冊 ¥648 ¥164 ¥812
7冊以上 冊数×¥108 ¥540

お支払い方法

定期購読

郵便払込みのみとさせていただきます。
お申し込み後、郵便局への払込用紙をお送りします。

バックナンバー購読

「郵便払込み」または「代金引替」をお選びいただけます。

郵便払込みをご希望のお客様
商品と一緒に郵便局への払込用紙を同封いたします。
到着後、一週間以内にお振込をお願いいたします。
払込み手数料はお客様の御負担となります。
※6冊以下の御注文の場合は郵便払込みのほうが、送料分がお得です。
代金引替をご希望のお客様
冊子到着時に代金をお支払い下さい。
御注文の冊数にかかわらず、
送料540円+代引き手数料324円はお客様の御負担となります。

お届け時期

定期購読
お申し込みの弊社翌営業日から1週間以内でお申込み用紙を送付させていただきます。
バックナンバー購読
お申し込みの弊社翌営業日から1週間以内でお届けいたします。

返品について

  • 万が一、落丁・乱丁・破損などがございましたら、すぐにお取替えいたしますので、冊子到着後10日以内に弊社着払いにてお送り下さい。
  • 原則として返品はお受けしておりませんので何卒御了承ください。
このページの先頭へ