最新情報
会社について
製品について
2月 16

【ティムズ・コーナー6】さとや

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

魚沼の里は店やカフェがある八海醸造の近くのすばらしいエリアです。

今週は「さとや」のカフェを紹介します。

Satoya Cafe, Uonuma no Sato

私はたまの土曜日にケーキとコーヒーをここで楽しみます。

このケーキはとても特別です – それは酒のケーキです!

このカフェの専門はいくつかの種類のバウムクーヘンです。

このケーキはドイツに由来し、中には木の年輪のように見えます。

さとやは、酒を使った2つのバムクーヘンを販売しています。

八海棒夢(バウム)は八海山大吟醸を使っています。

"Hakkaibaum" Hakkaisan Daiginjo sake is used in the glaze for this baumkuchen.

さとやバウムは酒粕を使っています。

Hakkaisan "Satoya" Baumkuchen. Sake Kasu is used in the batter!

どちらも美味しく酒のような味があります! 

さとやカフェから自然の景色をお楽しみください!

Cafe seating upstairs at Satoya. Beautiful views of nature from these windows!

強くおすすめします!

Uonuma no sato is a wonderful area near hakkaisan brewery with shops and cafes.

This week, I would like to introduce Satoya Cafe.

I often enjoy cake and coffee here on saturday.

Why but this cake is very special  - it is sake cake!

the specialty of this cafe is several types of baumkuchen.

This cake is from Germany and the inside looks like the tree rings.

Satoya sells two Baumkuchen that use sake.

The hakkai baum uses hakkaisan daiginjo sake.

The Satoya baum uses hakkaisan sake kasu.

Both are delicious and have a sake taste!

please enjoy the views of nature from Satoya cafe! Highly recommended!

2月 03

【ティムズ・コーナー5】八蔵

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。
魚沼の里は店やカフェがある八海醸造近くのすばらしいエリアです。
 
八蔵を紹介いたします。
 
Hachi Kura Building
 
八蔵は美しいギフトショップです。
 
そこでは特別なサービスをしています。それは、『折形(おりがた)』のギフト包装です。
 
Inside Hachikura - Origata Gift wrapping central!
 
八蔵のマネージャーである、木津順さんはこの ギフト包装の説明をしてくれました。
 
With Hachikura Manager and gift wrapping specialist, Jun Kitsu
 
色々な結び型にはそれぞれ意味があります。 
 
『淡路結び』この結びは密接な関係を象徴します。
 
Awajimusubi. Pulling on this knot brings the circles closer together symbolizing close relationships.
 
『花結び』この結びは簡単に開くことができ、何度も結び直すことができます。
 
Hanamusubi. A knot that can easily be untied - a symbol for happy events you hope to repeat many times. The rice stalk is a hint to the contents inside.
 
これは何度も繰り返したいお祝いのイベントに適しています。
 
 
  
 
折形のギフト包装はとても綺麗です!私も次回挑戦してみたいです。
 
hachikura-shelf2
 
Wrap it Up! Uonuma No Sato's "Hachikura"
 
Uonuma no sato is a wonderful area near hakkaisan brewery with shops and cafes.
 
I would like to introduce Hachikura.
 
Hachikura is a beautiful giftshop.
 
But they offer a special service: Origata gift wrapping.
 
Hachikura Manager Jun Kitsu explained this gift wrapping to me.
 
Different knots have different meanings.
 
“Awajimusubi”.  This knot symbolizes a close relationship.
 
“Hanamusubi”.  This knot can be opened easily. 
 
can tie over again and again.
 
This is good for happy events you wish to repeat many times.
 
This gift wrapping is beautiful and I want to try this in the future!
12月 30

さまざまな日本文化において、表面で見える物の下には深い意味を持っているものが多くあります。

DSC02785

それは寿司、着物、そしてもちろん酒にも言えることです。

 
それらに近いもので、日本文化には、しめ縄作りがあります。

私は日本中で何度もしめ縄を見てきましたが、どの様に作られたかは考えたことがありませんでした。

 

31692524586_13fb46c663_o

私は、南魚沼コミュニティーグループからしめ縄作りに招待されました。

31718624515_e19d6dffcc_o

 

しめ縄を作ることは難しいチャレンジでした。
 
最初のステップは、稲わらを押して柔らかくすることでした。
 
後は手の間でねじってロープを作ります。
 
30分もすれば作り終わることができました!
 
私はリースを造りました。
 
 
 
 
私は今、神社で見るしめ縄に本当に感謝しています!
 
 
 

Making Shimenawa

Like so many things in Japanese culture, if you explore a little bit below the surface understanding of any topic, there is a whole world to discover… this is true for sushi, kimono and of course, sake, too.

 
A similar thing in Japanese culture is making Shimenawa.
 
I have seen shimenawa many times around Japan, but I never considered how it was made.
 

I was invited from a minami uonuma community group to learn how to make shimenawa.

Making shimenawa was a difficult challenge!

The first step was to press the rice straw to make is soft,

then twist between your hands to make a rope.

After about 30 minutes, I could do it!

I made a wreath.

I now really appreciate paper I see at the shrine!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
12月 22

私が日本に来たときから、よく目にしたのは、ほとんどのパーティやイベントには

 

「お燗番」がいることです。

 

パーティーでお燗番は大事な人です。

 

私は新潟県六日町にある「温泉御宿 龍言」のきき酒イベントで初めてお燗番をしました

 

IMG_0673

 

お燗番にとって一番大切な道具は、酒燗器と徳利です。

お酒をお燗するときには、いくつかの温度があります。

 

日本酒の温度にはこのようなものがあります。 チャートをごらんください

 

Japanese Name Celsius Fahrenheit English Name
飛びきり燗(とびきりかん) 55° C 133° F Very Hot Sake
熱燗(あつかん) 50° C 122° F Hot Sake
上燗(じょうかん) 45° C 113° F Slightly Hot Sake
ぬる燗 40° C 104° F Warm Sake
人肌燗(ひとはだかん) 35° C 95° F Body Temperature
日向燗(ひなたかん) 30° C 86° F Sunbathing in Summer

 

お燗器を使って、私の目標温度は「上燗」(45℃)でした。

 

最初はたくさんの徳利を管理することは難しかった!

 

IMG_0664

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、私は直ぐにお燗番に慣れ、日本酒とパーティを滞りなく進めることが出来ました。

 

お燗番するのは楽しいです!

 
 
Since I came to Japan I’ve noticed many parties or events have an “okanban”.
 
At a party, the Okanban is an important person.
 
I recently did a sake event at Ryugon Onsen Hotel in Muikamachi,
 
Niigata as I was able to try being Okanban for the first time.
 
When warming sake there are several temperatures you can use.
 
For an overview of sake temperatures, please see this chart.
 

Using the Shukanki, my target temperature was “Jokan” (45˚C).

 
At first it was difficult to manage several carafes in the Shukanki!
 
But soon I kept the sake and party flowing
 
My translation is more like “I was soon able to get a grip of being the okanban and let the party flow”

 

It is fun to be the Okanban!

 
 
 
12月 07

精米後、「原料処理」は私の次の関心事です。

原料処理とは「洗米」、「浸漬」、「蒸す」までの工程が含まれています。

この工程は酒造りに大変重要です。

酒米を洗ったり浸漬したりすることはとても緻密な作業です。

精米後、洗浄して糠をとります。

浸漬することで酒米は柔らかくなります。

浸漬によって「外硬内軟(ガイコウナイナン)」の酒米をつくります。

「外硬内軟」は外側が硬く、内側に水分がある酒米です。

麹を育てるのに一番いい酒米のフレームワークです。

これら全てのステップは、お酒の基礎です!

 

After rice milling, “raw materials processing” is my next area of interest.

This includes rice washing, soaking and steaming.

These steps are very important for the overall success of sake making.  

Washing and soaking sake rice by hand is an exercise in precision.

Washing removes excess rice powder from the grains after milling.

Soaking prepares the rice grains for steaming and introduces moisture into the grain.

With soaking we want to achieve a state in the rice called “gaikounainan”.

Gaikounainan is when the rice is firm on the outside and moist on the inside.

This creates the best structure in the rice for growing koji.

All these steps are the the foundation of delicious sake!

 

preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | English |
Copyright 2011 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.