最新情報
会社について
製品について
5月 19

【ティムズ・コーナー8】社員食堂

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

新潟の生活において一番いいものは食べ物です。

日本人は質の高い食べ物を大切にしています。

Koshihikari rice, a prized local specialty with Pickles!
Koshihikari rice, a prized local specialty with local mountain vegetable Pickles!

私の一番好きな和食は日本の家庭料理です。

家庭料理は限られた材料で造られ、飾り気はないですが、とても健康に良い食品です。

 

Hakkaisan Company Cafeteria. Minna no Shain Shokudo.
Hakkaisan Company Cafeteria. Minna no Shain Shokudo.

日本の家庭料理を楽しむ一番いい場所は八海山の社員食堂です。“みんなの社員食堂”という名前です。

 

Inside the cafeteria
Inside the cafeteria

誰でもここで昼食を食べることができます.。

 

An example of the lunch set for guests visiting the Hakkaisan Company Cafeteria.
An example of the lunch set for guests visiting the Hakkaisan Company Cafeteria.

社員食堂の運営について佐野さんと話しを聞きました。佐野さんは 社員食堂のマネージャーです。

 

Minna no Shain Shokudo Head Chef Mr. Sano.
Minna no Shain Shokudo Head Chef Mr. Sano.

毎日約90人の八海山社員がカフェテリアで昼食を食べます。

従業員は毎日違うおかずが出るシンプルなビュッフェスタイルの食事を楽しむことができます。

でも毎日必ずあるのは、自家製のみそ汁とおいしいこしひかりです。

蔵人の一番好きな昼ごはんは何ですか?

佐野さんによれば、皆さんの一番好きな昼ごはんは塩麹から揚げとのことです。

から揚はおいしいですが、私はトンカツも大好きです!

チャンスがあれば是非八海山の“みんなの社員食堂”に来て下さい!

 

The best thing about living in Niigata has been the food.

Japan values high quality food.

One of my favorite styles of food here is Japanese homestyle cooking. 

This way of cooking is rustic with limited ingredients and is usually very balanced and healthy. 

The best place I have found to enjoy Japanese homestyle cooking is the Hakkaisan Company Cafeteria. This building is called Minna no Shain Shokudo or “Employee Cafeteria for All”. 

Anybody can stop by for lunch!

I sat down with Cafeteria Manager and Head Chef Mr. Sano to discuss the ins and outs of running a busy company cafeteria. 

Every day sees as many 90 employees eat at the cafeteria. 

Employees are served a simple buffet style meal that changes every day.

But everyday there is homemade miso soup and delicious koshihikari.

So what is the Brewery worker’s favorite lunch?

According to Mr. Sano, the favorite lunch is karaage fried chicken tenderized with shiokoji.

Karaage is delicious, but I also love the pork Katsu!

Please visit the Hakkaisan Shain Shokudo if you have a chance!

 

 

 

 

4月 28

新鮮で若い時が最高の状態の日本酒もいくつかありますが、

ほとんどの日本酒は数ヶ月間熟成されると飲み頃を迎え、まろやかな味わいになります。

中には数年間、特別な管理の下で熟成させることにより、酒質が開花する日本酒もあり、
それらはとても素晴らしい味わいです。

私は最近、そのような熟成の日本酒を味わう機会を得ました。

その新商品は「八海山雪室貯蔵酒三年」です。

Hakkaisan Snow Aged Junmai Ginjo 3 Years

日本酒の熟成は、非常に難しいメカニズムで経過します。

もしうまくいかなければ、熟成された日本酒の味はバランスを崩し劣化してしまいます。

うまくいけば、熟成した日本酒は香りを凝縮し、更に良く深い味わいになります。

八海山では、日本酒の熟成感とバランスを造りだすために、2つのポイントを置いています。

一つ目は雪の冷熱を利用した熟成です。

Inside the Yuki Muro Snow Storehouse.
Inside the Yuki Muro Snow Storehouse.

二つ目は、雪室での熟成は加工されない原酒のままで熟成させることにあります。

原酒の日本酒はフルフレーバーですので、和食以外の食事にもあいます。

blog-Lehmann-2-

 

八海山雪室貯蔵酒三年の規格を見てみましょう。

アルコール度:17.0%
日本酒度:-1
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
使用米:山田錦(麹米)ゆきの精・五百万石(掛米)
精米歩合:50%
使用酵母:協会1001、M310

チャンスがあれば、八海山雪室貯蔵酒三年を試してみてください。

 

 

 

 

 

Some sakes are at their best when they are fresh and young.

Most sakes taste best when they are stored for just a few months. 

And a rare few sakes really come to life when aged under special care for several years

I recently had the opportunity to taste just such an aged sake… a new product called
“Hakkaisan Snow-Aged Junmai Ginjo 3 Years”.

Aging sake can be a tricky business. 

If not done skillfully, sake can turn stale and bitter tasting with age.

If done well, aging sake can concentrate flavors and enrich and deepen the best traits of a sake. 

Hakkaisan uses two ways to achieve richness and balance in their aged sake.

First, they age their sake in snow.

Hakkaisan Yuki Muro is a wonderful facility that allows them to age sake without using electricity.

Second, the sake is Genshu strength.

Tasting

Let’s look at the stats for Hakkaisan Snow-Aged Junmai Ginjo 3 Years.

If you have a chance to try Hakkaisan Yukimuro 3 year aged, please enjoy!

 

 

 

 

 

 

 

 

2月 16

【ティムズ・コーナー6】さとや

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

魚沼の里は店やカフェがある八海醸造の近くのすばらしいエリアです。

今週は「さとや」のカフェを紹介します。

Satoya Cafe, Uonuma no Sato

私はたまの土曜日にケーキとコーヒーをここで楽しみます。

このケーキはとても特別です – それは酒のケーキです!

このカフェの専門はいくつかの種類のバウムクーヘンです。

このケーキはドイツに由来し、中には木の年輪のように見えます。

さとやは、酒を使った2つのバムクーヘンを販売しています。

八海棒夢(バウム)は八海山大吟醸を使っています。

"Hakkaibaum" Hakkaisan Daiginjo sake is used in the glaze for this baumkuchen.

さとやバウムは酒粕を使っています。

Hakkaisan "Satoya" Baumkuchen. Sake Kasu is used in the batter!

どちらも美味しく酒のような味があります! 

さとやカフェから自然の景色をお楽しみください!

Cafe seating upstairs at Satoya. Beautiful views of nature from these windows!

強くおすすめします!

Uonuma no sato is a wonderful area near hakkaisan brewery with shops and cafes.

This week, I would like to introduce Satoya Cafe.

I often enjoy cake and coffee here on saturday.

Why but this cake is very special  - it is sake cake!

the specialty of this cafe is several types of baumkuchen.

This cake is from Germany and the inside looks like the tree rings.

Satoya sells two Baumkuchen that use sake.

The hakkai baum uses hakkaisan daiginjo sake.

The Satoya baum uses hakkaisan sake kasu.

Both are delicious and have a sake taste!

please enjoy the views of nature from Satoya cafe! Highly recommended!

2月 03

【ティムズ・コーナー5】八蔵

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。
魚沼の里は店やカフェがある八海醸造近くのすばらしいエリアです。
 
八蔵を紹介いたします。
 
Hachi Kura Building
 
八蔵は美しいギフトショップです。
 
そこでは特別なサービスをしています。それは、『折形(おりがた)』のギフト包装です。
 
Inside Hachikura - Origata Gift wrapping central!
 
八蔵のマネージャーである、木津順さんはこの ギフト包装の説明をしてくれました。
 
With Hachikura Manager and gift wrapping specialist, Jun Kitsu
 
色々な結び型にはそれぞれ意味があります。 
 
『淡路結び』この結びは密接な関係を象徴します。
 
Awajimusubi. Pulling on this knot brings the circles closer together symbolizing close relationships.
 
『花結び』この結びは簡単に開くことができ、何度も結び直すことができます。
 
Hanamusubi. A knot that can easily be untied - a symbol for happy events you hope to repeat many times. The rice stalk is a hint to the contents inside.
 
これは何度も繰り返したいお祝いのイベントに適しています。
 
 
  
 
折形のギフト包装はとても綺麗です!私も次回挑戦してみたいです。
 
hachikura-shelf2
 
Wrap it Up! Uonuma No Sato's "Hachikura"
 
Uonuma no sato is a wonderful area near hakkaisan brewery with shops and cafes.
 
I would like to introduce Hachikura.
 
Hachikura is a beautiful giftshop.
 
But they offer a special service: Origata gift wrapping.
 
Hachikura Manager Jun Kitsu explained this gift wrapping to me.
 
Different knots have different meanings.
 
“Awajimusubi”.  This knot symbolizes a close relationship.
 
“Hanamusubi”.  This knot can be opened easily. 
 
can tie over again and again.
 
This is good for happy events you wish to repeat many times.
 
This gift wrapping is beautiful and I want to try this in the future!
12月 30

さまざまな日本文化において、表面で見える物の下には深い意味を持っているものが多くあります。

DSC02785

それは寿司、着物、そしてもちろん酒にも言えることです。

 
それらに近いもので、日本文化には、しめ縄作りがあります。

私は日本中で何度もしめ縄を見てきましたが、どの様に作られたかは考えたことがありませんでした。

 

31692524586_13fb46c663_o

私は、南魚沼コミュニティーグループからしめ縄作りに招待されました。

31718624515_e19d6dffcc_o

 

しめ縄を作ることは難しいチャレンジでした。
 
最初のステップは、稲わらを押して柔らかくすることでした。
 
後は手の間でねじってロープを作ります。
 
30分もすれば作り終わることができました!
 
私はリースを造りました。
 
 
 
 
私は今、神社で見るしめ縄に本当に感謝しています!
 
 
 

Making Shimenawa

Like so many things in Japanese culture, if you explore a little bit below the surface understanding of any topic, there is a whole world to discover… this is true for sushi, kimono and of course, sake, too.

 
A similar thing in Japanese culture is making Shimenawa.
 
I have seen shimenawa many times around Japan, but I never considered how it was made.
 

I was invited from a minami uonuma community group to learn how to make shimenawa.

Making shimenawa was a difficult challenge!

The first step was to press the rice straw to make is soft,

then twist between your hands to make a rope.

After about 30 minutes, I could do it!

I made a wreath.

I now really appreciate paper I see at the shrine!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | English |
Copyright 2011 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.