最新情報
会社について
製品について
9月 29

【ティムズ・コーナー10】梅干し

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

外国人にとって梅干しは珍しい食べ物です。

最初、私にとって梅干しは酸っぱすぎました。

最近、私は梅干しのファンになりました。

私は梅干しがどのように作られているか見ることができました。

どの様に作られるのか、見てみましょう。

まず梅を洗います。

次に梅の茎が取り除きます。

皮膚を痛まないように注意してください。

次にきれいな梅を梅の重量に対し8%の塩と混ぜます。

次に梅干しが入った容器を密封します。

一週間後には梅から水分が沢山出ます。

次に赤い紫蘇を洗います。

次に赤い紫蘇を塩と混ぜもみアク抜きを2回します。

赤い紫蘇は梅の実の上にのせられます。

一月後つけ樽から出し梅を3日間ほど天日干しします。

桶に戻し2~3ヶ月で梅干しの出来上がりです。

八海山で梅干しを楽しんでください!

For Non-japanese, Umeboshi may be an on unusual food.

At first, Umeboshi was too sour for me.

Recently I became a fan of Umeboshi.

I recently was able to see how umeboshi is made.

Let’s take a look at how it is made.

First the plums are washed

next the ume stem is removed.

Be careful not to break the skin.

Next mix the clean ume with salt

next we seal the container.

After 1 week the ume have released a lot of liquid.

Next we wash the red shiso

next we mix the red shiso with salt.

The red shiso then goes on top of the ume.

after one month, the ume are dried for 3 days in the sun.

the umeboshi are finished!

Please enjoy your Umeboshi with Hakkaisan!

 

 

 

 

7月 01

【ティムズ・コーナー9】山菜

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

Freshly picked Zenmai fern leaf buds. 昨年、新潟に来てから、山菜をたくさん食べるように
 なりました。

 山菜とは単純に「山の野菜」のことです。
 山菜は、ここでは主要な食べ物で、山の中をかき
 分けて、探し回って、山菜を採ります。

 雪に深く埋もれたこの山間の地域では、山菜は
 採った後すぐ食べることもありますが、保存食として
 一年を通して楽しむこともあります。

 山菜は「苦味」があることで有名です。
 動物は、この苦さ故に山菜を食べません。
 この自然の苦さは、山菜の自衛のメカニズムなのです

 地元の人たちは、山菜の苦味を活かして、さまざまな
 方法で料理します。
 よく作られるものは、さっと揚げた山菜天ぷら、アク抜き
 をした山菜のおひたし、また漬物としても保存されます。
 味は本当に苦いのですが、私は山菜が大好きに

 なりました。

地元の山菜名人に 「山菜採りに行こう!」 と誘われた時はとても驚きました。
山菜名人が、私が山菜が大好きだと知って、自分だけの秘密のスポットに山菜採りに連れて行ってくれました。
最初の話では長靴と手袋だけ準備すればいいと聞いていたのですが、どんどん山の奥深く車で入っていくでは
ないですか…。
そして、「今日採る山菜は一種類 『ぜんまい』 だけだよ!」 と山菜名人に言われました。
その 「ぜんまい」 という植物は聞いたこともなく、はたしてこの山の中でどれが 「ぜんまい」 なのか見分けることが
できるのか?と不安になりました。

The Mountain is getting steep!The Mountain is getting steep!

山に登り始めて3分後、最初の 「ぜんまい」 を見つけました。
「ぜんまい」 とは、湿気と日陰を好む野生のシダ植物で、先端は苔でできた蜘蛛の巣のようなものに覆われた非常に大きい渦巻状のシダ植物だということがすぐわかりました。
見た目は全く食欲をそそられませんでしたが、絶対おいしいのだろうなぁ!と思いました。
大きなポケットが付いたエプロンとバックパックを装備して、山の中へ入っていきました。

 

山を登りながら山菜名人は、遠くからでも上手にぜんまいを見分けることができます。
ぜんまいの下約3分の1を残し、茎をポキっと折り、ポケットへ入れていきます。
採ってはいけないぜんまいについても教えてもらいました。
ぜんまいがまだ小さすぎる場合は、採らずに来年まで大きくなるのを待ちます。
先端が渦巻状になったぜんまいだけが、食用に適しているということ、また、渦巻状の先端が 開いてしまったり、シダの葉が広がってしまったぜんまいはそのまま残して置かなければならないことも教えてもらいました。

After about 20 minutes or so we stopped and wrapped up our Zenmai haul to put in our backpacks.
After about 20 minutes or so we stopped and wrapped up our Zenmai haul to put in our backpacks.

上へ上へと歩みを進めていくと、山の傾斜はどんどん険しくなっていきました。
エプロンのポケットがぜんまいでいっぱいになると、ぜんまいを布でくるみ、バックパックに入れました。
この山菜探しは楽しいゲームになり、山腹でぜんまいをだんだんと簡単に見分けることができるようになりました。

 

90分かけて登った後、私たちは山を降りることにしました。私のバックパックは、ぜんまいでいっぱいになりました。

山菜名人は、簡単に山菜を見つけられるように普段から山頂まで登っているそうです。
私はこの初心者コースでもこんなに疲れたというのに…。
3時間かけて登って、また3時間かけて下山することを普段からしているとは!
また、山に登らなければならない時は、何らかのトレーニングが私には必要だと思います。

 
Getting Tired! Is the air thinner up here? ;-)Getting Tired! Is the air thinner up here? ;-)

 

山菜採りの一日が終わった後、私はその収穫量に驚きました。

ぜんまいは調理され、来年まで保存されます。…でも、来年まで待てません!
山菜採りは新しい趣味になるかもしれません。
If you don't pick the tender buds, Zenmai turns into an inedible fern like this one.

If you don’t pick the buds, Zenmai turns into a fern like this one.

Since I arrived in Niigata last year, I have been eating a lot of sansai (山菜) which means simply "mountain vegetables".  
They are a staple food here and the product of foraging by hand in the mountainside forests.
In this snow bound and mountainous area, these vegetables are eaten soon after they are collected, but also preserved and enjoyed all year round. 
Sansai are famous for having a bitter taste.  Their natural bitterness is actually a defense mechanism against animals nibbling on them. 

 

The locals here have developed a taste for the bitter greens and they are served in many ways,the most popular being flash fried as tempura, blanched and serve with a soy sauce and also preserved as pickles. 
The taste is indeed bitter, but I've come to love sansai.  Believe it or not, the bitterness is actually a perfect compliment to sake, too!

 

I was surprised when I received an invitation to go sansai picking myself.
A local guide heard about my love of Niigata mountain vegetables and offered to take me to his favorite spot for picking mountain vegetables.
My only instruction was to wear boots and gloves. As we were driving to the mountain,
my guide told me we would be picking only one kind of plant that day, zenmai (薇) known in English as cinnamon fern or by it's scientific name Osmunda Japonica.
I had never heard of this plant before, so I was wondering how I would recognize it in the wild.

 

When we arrived on the mountain, we began climbing up and within three minutes we saw our first zenmai. 
I quickly learned that they were the first growth of a moisture and shade loving wild fern andthey look very much like an extra large fiddlehead fern covered in a kind of mossy spiderweb. 
It doesn't sound appetizing, but I'm assured they are delicious.  I was outfitted with an apron with a deep pocket and a backpack and away we went. 

 

As we started to climb up my guide would expertly spot the zenmai from far away. 
We would snap the stems about 2/3rds of the way down and I would collect the stems in my pouch.  
There were also some guidelines on what not to pick.  If the zenmai were too small, we left them alone to grow for next year.
I also learned that the zenmai are only edible when they are in the fiddlehead fern shape.  If they had begun to openand spread their fern leaves, I was to leave them alone.

As we marched up the mountainside, the slope got gradually steeper and steeper. 
When my apron's pouch was full of zenmai, I would wrap them in a cloth and load them into my backpack. 
This foraging became a fun game and spotting the ferns on the mountainside became easier and easier.

 

After climbing up for 90 minutes, we decided to make our way back down.  My backpack was loaded full of zenmai. 
I learned that my guide usually hikes to the top of the mountain when foraging… that would have been 3 hours up and 3 hours back down!
Even though I was wiped out, I was just given the beginner's course!  I'll need to do some training if I'm going to mountain climbing again.

 

When the day was over I was impressed with our haul.  If you know what to look for the mountain can really provide bounty.
The zenmai that I collected will be cooked and preserved for eating next year – can't wait to try them!   Think sansai foraging might be a brand new hobby!

5月 19

【ティムズ・コーナー8】社員食堂

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

新潟の生活において一番いいものは食べ物です。

日本人は質の高い食べ物を大切にしています。

Koshihikari rice, a prized local specialty with Pickles!
Koshihikari rice, a prized local specialty with local mountain vegetable Pickles!

私の一番好きな和食は日本の家庭料理です。

家庭料理は限られた材料で造られ、飾り気はないですが、とても健康に良い食品です。

 

Hakkaisan Company Cafeteria. Minna no Shain Shokudo.
Hakkaisan Company Cafeteria. Minna no Shain Shokudo.

日本の家庭料理を楽しむ一番いい場所は八海山の社員食堂です。“みんなの社員食堂”という名前です。

 

Inside the cafeteria
Inside the cafeteria

誰でもここで昼食を食べることができます.。

 

An example of the lunch set for guests visiting the Hakkaisan Company Cafeteria.
An example of the lunch set for guests visiting the Hakkaisan Company Cafeteria.

社員食堂の運営について佐野さんと話しを聞きました。佐野さんは 社員食堂のマネージャーです。

 

Minna no Shain Shokudo Head Chef Mr. Sano.
Minna no Shain Shokudo Head Chef Mr. Sano.

毎日約90人の八海山社員がカフェテリアで昼食を食べます。

従業員は毎日違うおかずが出るシンプルなビュッフェスタイルの食事を楽しむことができます。

でも毎日必ずあるのは、自家製のみそ汁とおいしいこしひかりです。

蔵人の一番好きな昼ごはんは何ですか?

佐野さんによれば、皆さんの一番好きな昼ごはんは塩麹から揚げとのことです。

から揚はおいしいですが、私はトンカツも大好きです!

チャンスがあれば是非八海山の“みんなの社員食堂”に来て下さい!

 

The best thing about living in Niigata has been the food.

Japan values high quality food.

One of my favorite styles of food here is Japanese homestyle cooking. 

This way of cooking is rustic with limited ingredients and is usually very balanced and healthy. 

The best place I have found to enjoy Japanese homestyle cooking is the Hakkaisan Company Cafeteria. This building is called Minna no Shain Shokudo or “Employee Cafeteria for All”. 

Anybody can stop by for lunch!

I sat down with Cafeteria Manager and Head Chef Mr. Sano to discuss the ins and outs of running a busy company cafeteria. 

Every day sees as many 90 employees eat at the cafeteria. 

Employees are served a simple buffet style meal that changes every day.

But everyday there is homemade miso soup and delicious koshihikari.

So what is the Brewery worker’s favorite lunch?

According to Mr. Sano, the favorite lunch is karaage fried chicken tenderized with shiokoji.

Karaage is delicious, but I also love the pork Katsu!

Please visit the Hakkaisan Shain Shokudo if you have a chance!

 

 

 

 

4月 28

新鮮で若い時が最高の状態の日本酒もいくつかありますが、

ほとんどの日本酒は数ヶ月間熟成されると飲み頃を迎え、まろやかな味わいになります。

中には数年間、特別な管理の下で熟成させることにより、酒質が開花する日本酒もあり、
それらはとても素晴らしい味わいです。

私は最近、そのような熟成の日本酒を味わう機会を得ました。

その新商品は「八海山雪室貯蔵酒三年」です。

Hakkaisan Snow Aged Junmai Ginjo 3 Years

日本酒の熟成は、非常に難しいメカニズムで経過します。

もしうまくいかなければ、熟成された日本酒の味はバランスを崩し劣化してしまいます。

うまくいけば、熟成した日本酒は香りを凝縮し、更に良く深い味わいになります。

八海山では、日本酒の熟成感とバランスを造りだすために、2つのポイントを置いています。

一つ目は雪の冷熱を利用した熟成です。

Inside the Yuki Muro Snow Storehouse.
Inside the Yuki Muro Snow Storehouse.

二つ目は、雪室での熟成は加工されない原酒のままで熟成させることにあります。

原酒の日本酒はフルフレーバーですので、和食以外の食事にもあいます。

blog-Lehmann-2-

 

八海山雪室貯蔵酒三年の規格を見てみましょう。

アルコール度:17.0%
日本酒度:-1
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
使用米:山田錦(麹米)ゆきの精・五百万石(掛米)
精米歩合:50%
使用酵母:協会1001、M310

チャンスがあれば、八海山雪室貯蔵酒三年を試してみてください。

 

 

 

 

 

Some sakes are at their best when they are fresh and young.

Most sakes taste best when they are stored for just a few months. 

And a rare few sakes really come to life when aged under special care for several years

I recently had the opportunity to taste just such an aged sake… a new product called
“Hakkaisan Snow-Aged Junmai Ginjo 3 Years”.

Aging sake can be a tricky business. 

If not done skillfully, sake can turn stale and bitter tasting with age.

If done well, aging sake can concentrate flavors and enrich and deepen the best traits of a sake. 

Hakkaisan uses two ways to achieve richness and balance in their aged sake.

First, they age their sake in snow.

Hakkaisan Yuki Muro is a wonderful facility that allows them to age sake without using electricity.

Second, the sake is Genshu strength.

Tasting

Let’s look at the stats for Hakkaisan Snow-Aged Junmai Ginjo 3 Years.

If you have a chance to try Hakkaisan Yukimuro 3 year aged, please enjoy!

 

 

 

 

 

 

 

 

2月 16

【ティムズ・コーナー6】さとや

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

魚沼の里は店やカフェがある八海醸造の近くのすばらしいエリアです。

今週は「さとや」のカフェを紹介します。

Satoya Cafe, Uonuma no Sato

私はたまの土曜日にケーキとコーヒーをここで楽しみます。

このケーキはとても特別です – それは酒のケーキです!

このカフェの専門はいくつかの種類のバウムクーヘンです。

このケーキはドイツに由来し、中には木の年輪のように見えます。

さとやは、酒を使った2つのバムクーヘンを販売しています。

八海棒夢(バウム)は八海山大吟醸を使っています。

"Hakkaibaum" Hakkaisan Daiginjo sake is used in the glaze for this baumkuchen.

さとやバウムは酒粕を使っています。

Hakkaisan "Satoya" Baumkuchen. Sake Kasu is used in the batter!

どちらも美味しく酒のような味があります! 

さとやカフェから自然の景色をお楽しみください!

Cafe seating upstairs at Satoya. Beautiful views of nature from these windows!

強くおすすめします!

Uonuma no sato is a wonderful area near hakkaisan brewery with shops and cafes.

This week, I would like to introduce Satoya Cafe.

I often enjoy cake and coffee here on saturday.

Why but this cake is very special  - it is sake cake!

the specialty of this cafe is several types of baumkuchen.

This cake is from Germany and the inside looks like the tree rings.

Satoya sells two Baumkuchen that use sake.

The hakkai baum uses hakkaisan daiginjo sake.

The Satoya baum uses hakkaisan sake kasu.

Both are delicious and have a sake taste!

please enjoy the views of nature from Satoya cafe! Highly recommended!

preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | English |
Copyright 2011 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.