最新情報
会社について
製品について

よくいただく質問

 

よくあるご質問を一覧にまとめました。お問い合せの前に、まずはこちらをご確認ください。
| 日本酒 | キャップの開け方 | 焼酎 | 酒粕 | 蔵見学 | あまさけ | 魚沼の里 |

 


よくいただく質問 日本酒
 

Q 日本酒の賞味期限はどのくらいですか?

A 日本酒は光・温度によって影響を受けやすく、保管の条件によっても異なってまいりますが、直射日光の当たらない冷暗所にて保管いただいたものであれば1年くらいは問題なく美味しくお召し上がりいただけます。ですが、酒は生き物でございますのでなるべく早めに召し上がっていただくことをおすすめいたします。

Q 日本酒の種類によって賞味期限は異なりますか?

A 火入れをした酒と、火入れをしない生酒では製品のコンセプトが異なります。通常、生酒については、しぼりたてのフレッシュさをお楽しみいただくために、びんに詰めたばかりのほうがより新鮮な香味をお楽しみいただけますので早めにお召し上がりいただくことをおすすめいたします。

Q 日付の古くなった日本酒は飲めますか?

A アルコール飲料でございますので、日付が古くなったからといって身体に影響するようなことはございませんが、当社の意図する味わいからは変化をしてしまっている可能性がございます。お召し上がりいただき、お口に合わなければ料理酒などにお使いいただくことをおすすめいたします。酒が白く白濁しているようであれば、火落ち菌といって日本酒の味を著しく損ねる成分が含まれている可能性が高いので、白濁した酒は廃棄してください。

Q 常温に保管された生酒を飲んでも大丈夫ですか?

A 白くにごったりしていなければ、身体に影響するようなことはございませんが、当社の意図する味わいとは大きく異なる可能性があります。生酒は詰めた手のフレッシュさをお楽しみいただくことを目的に火入れをせずに瓶詰をしておりますので、必ず冷蔵庫での保管をおすすめいたします。

Q どこで購入できますか?通信販売はしていますか?

A あいにく弊社では酒類の通信販売等はおこなっておりません。お近くのお取扱店様を御紹介させていただいておりますので、どうぞお気軽に御連絡ください。

Q 商品のJANコードが45で始まりますが、国産ならば49で始まるのではないですか?

A ANコードセンターから割り当てをいただいた数値です。45で始まると中国の製品というような情報があるようですが、それは誤りで数値で国を分別されるようなことはないとのことです。弊社の製品の原料の米は全て国産米を使用しており、新潟県南魚沼市で製造した製品に間違いありません。

Q 肩ラベルの千秋歓酌芙蓉霞は何と読み、またどのような意味ですか?

A せんしゅうかんしゃくふようかすみ。と読みます。意味は千秋(千年も・万年も)歓酌(楽しんで・喜んで酌み交わす)芙蓉霞(最高峰のもの・この上ないもの)というような意味です。このラベルは弊社が創業(1922年)間もない頃から使用しています。ずっと先の未来まで、皆様に喜んで召し上がっていただけるような日本酒でありたいと、日々、高品質な酒造りに取り組んでおります。

Q 純米吟醸・吟醸のラベルにある文字は間違っている?

A 通常、私たちが使用している文字は楷書体(行書・草書など)ですが、純米吟醸・吟醸の胴ラベルに使用している「吟醸」の書体は篆書体といいます。現在の楷書体の基になったもので、現在では書道・篆刻などの芸術品に使われることが多くあります。純米吟醸と吟醸のラベルは新潟県上越市出身の故古川悟先生の作品です。

Q 八海山の美味しい飲み方を教えてください

A 弊社の酒は料理の味をひきたてるような淡麗辛口な酒質を目標としており、冷でも、燗でも美味しくお召し上がりいただけます。冷たい・常温の食べ物には冷〜ぬる燗、温かい食べ物には常温〜熱燗はいかがでしょうか? また、高級酒(吟醸や大吟醸)は燗酒に向かないなどといわれることもあるようですが、弊社の製品は熱くしすぎなければお燗でお飲みいただく場合も冷酒では味わえない香りをお楽しみいただけると考えますので、お試しいただければ幸いでございます。ただし、季節限定品の生酒タイプはお燗をするよりも冷または常温でお召し上がりいただくのがおすすめです。夏に限定発売の特別純米原酒は冷やして召し上がっていただくことを想定し品質設計をした酒ですので、マイナス5度程度に冷やしてキュッとお召し上がりいただくのもおすすめです。

▲ページトップヘ


 

よくいただく質問[キャップの開け方]

 

Q お酒の瓶・キャップが以前と変わりましたか?

A はい。2016年秋よりレギュラー酒を含む一部商品の720ml・300ml瓶のキャップを変更しました。近年では日本酒を飲む際にガラス瓶から酒器に移し替えて晩酌をするのではなく、手軽な大きさのボトルをそのまま卓上に置き、直接うつわに注いで召し上がるシーンが多くみられるようになりました。飲食店などでも同様に720ml瓶で日本酒をボトルサーブする様子がみられます。このような飲食シーンの状況変化を踏まえて瓶の『うつわ』としての存在感や美しさを考慮しボトルの注ぎ口を変更いたしました。お客様の食事のシーンがより豊かなものとなれば幸いです。

瓶口・キャップ

 

Qお酒のキャップが固いのはなぜ?

A 弊社では品質保持のため日本酒を瓶に詰めた後、高温水を掛けて加熱殺菌(瓶燗火入れ)・冷却を行っており、この冷却時に瓶内の気圧が下がるため、気密保持性の高い耐熱樹脂素材を採用しております。そのため、開栓時にキャップが固く感じる場合がございます。

 

Q新しいキャップの開け方を教えてください。

A 下記をご参照ください。

冠頭の「取口」

冠頭の開け方

中栓の開け方

中栓の閉め方

 

Q純米大吟醸「金剛心」の開け方を教えてください。

A 下記をご参照ください。

金剛心の開け方

 

Q発泡にごり酒の開け方を教えてください。

A 下記をご参照ください。

発泡にごり酒の開け方

▲ページトップヘ


 

よくいただく質問 焼酎

 

Q 製造年月の古い焼酎は飲めますか?

A 蒸留酒である焼酎は未開封であれば、醸造酒である日本酒と比べて品質が変わることはなく、製造年月から日数が経過してもお楽しみいただけます。しかしながら、高温や直射日光によって、香味が変化する場合がありますので、直射日光の当たらない涼しいところにて保管いただければと思います。なお、開封後は香りが飛びやすいため、早めにご賞味ください。

Q「よろしく千萬あるべし」と「宜有千萬」の違いは何ですか?

A 黒いボトルの「宜有千萬」は、日本酒の製造過程で生まれる酒粕に含まれるアルコールを減圧蒸留機にて蒸留させた粕取り焼酎です。日本酒に含まれる吟醸香がお楽しみいただけます。白いボトルの「よろしく千萬あるべし」は米・米麹・酒粕を原料にもろみを仕込み、アルコールを醗酵させ、さらに酒粕を加えて、蒸留させたもろみ取り焼酎です。米由来の豊かな香りをお楽しみいただけます。

▲ページトップヘ


 

よくいただく質問 酒粕

 

Q どこで購入できますか?

A お近くのお取扱店様を御紹介させていただいておりますので、お気軽に御連絡ください。

また、「千年こうじや」オンラインショップにて通信販売も承っております。

■オンラインショップhttp://shop.sennen-koujiya.jp/

■フリーダイヤル 0800-800-4181(お盆休み・年末年始を除く9:00~17:00)

Q 酒粕にはどんな種類がありますか?

A 弊社の酒粕は大きく分けて2種類ございます。1つは「板粕」といってお酒をしぼった時に出る新鮮な酒粕(酒造りを行う秋から春にかけて)、もうひとつは「ねり粕」といって板粕を大きな桶に入れて踏み込み、半年間程度貯蔵熟成をさせたもの(夏季)の2種類です。板粕は新鮮な香りを生かして酒粕甘酒や鍋物、粕汁などにお使いいただくのがおすすめです。ねり粕は熟成によって生まれる旨みを生かした肉・魚・野菜などの漬床としてお使いいただくのがおすすめです。

Q 賞味期限はどのくらいですか?

A 酒粕にはアルコール分が6-8%含まれておりますので、すぐに悪くなるということはございませんが、新鮮な香味をお楽しみいただくためにもなるべく早めにお召し上がりいただくことをおすすめいたします。すぐにお召し上がりにならない場合は、乾燥しないようラップなどで密閉して冷凍庫で保管いただければ長持ちいたします。

▲ページトップヘ


 

よくいただく質問 蔵見学

 

Q 蔵見学は出来ますか?

A一般のお客様向けに酒蔵見学を不定期で開催しております。開催日については酒蔵見学カレンダーをご覧ください。酒蔵見学開催日以外については、魚沼の里「つつみや八蔵」という施設で弊社酒造りのDVDを上映しておりますのでご利用ください。 

Q 団体で蔵見学の予約はできますか?

A申し訳ございませんが、9名以上のお客様の蔵見学はお受けしておりません。弊社の蔵見学は一般的な観光蔵の見学とは異なり、弊社の酒造りのこだわりについて深くご理解いただくことを目的としております。お客様との会話を通じて、お客様の関心の高い内容についてはその都度、更に詳しいご説明ができるように少人数での見学とさせていただいております。

▲ページトップヘ


 

よくいただく質問 [あまさけ]

 

Q「麹だけでつくったあまさけ」にアルコールは含まれていますか?

Aアルコールは含まれていません。甘酒には大きく分けて2種類あります。ひとつは米麹中の麹菌がつくりだす糖化酵素によってお米のでんぷんをブドウ糖に糖化させた甘酒です(麹甘酒)。麹甘酒の製造工程ではアルコール発酵が起こりませんので、アルコールは含まれません。もうひとつは酒粕を水で溶いて砂糖を加える酒粕甘酒で、酒粕に由来するアルコールが含まれていることがあります。「麹だけでつくったあまさけ」は前者の麹甘酒でノンアルコールです。

Q本当に砂糖を使用していないのですか

Aはい、使用しておりません。お米のでんぷんは、ブドウ糖が繋がってできていますが、これを米麹中の麹菌がつくりだす糖化酵素によって、でんぷんをブドウ糖に変えることによって甘さを引き出します。吸収のよいブドウ糖が多く含まれることから、甘酒は飲む点滴などともいわれています。

Q妊娠中ですが、飲んでもいいですか?

Aノンアルコールの発酵食品ですので、妊娠中でもお飲みいただけます。また、お子様でもお召し上がりいただけます。

Q甘酒は冷やしても飲めますか?

A冷やしてもお飲みいただけます。甘酒は江戸時代には冷して暑気払いの飲みものとして親しまれていた伝統的な食品です。

Q甘酒の製造は冬季限定ですか?

A通年製造商品でございます。

Qカロリーはどのくらいですか?

A100gあたり105kcalです。

Q賞味期限はどのくらいですか?

A冷蔵保存で製造日から120日後をボトルに印字しております。添加物は使用しておりませんので、開封後も冷蔵庫で保管いただき、季節によっても異なりますが、賞味期限にかかわらず開封後1週間程度を目安になるべく早めに飲みきってください。

Q賞味期限が過ぎてしまったものは飲めませんか?

A温度や保管状態によっても異なりますが、保存料等を使用しておりませんので、賞味期限が切れた商品はおすすめできません。必ず賞味期限内にお召し上がりください。

Q常温保管していたものは飲めますか?

A「麹だけでつくったあまさけ」は名前の通り、米麹のみを原料につくっており、保存料や酸化防止剤のような添加物を一切使用しておりません。そのため、温かいところで保管いただくと未開封でも着色が進み、カラメルのような甘いこげ臭が発生する場合があります。未開封で賞味期限内であっても中身をご確認いただき、着色やこげ臭がする場合には廃棄されることをおすすめいたします。

Q1日どのくらい飲めばいいですか?

Aお薬ではございませんので、決まった分量や効能はございません。

「麹だけでつくったあまさけ」は糖類や甘味料は一切添加しておりませんが、主成分は「ブドウ糖」です。カロリーをもとに毎日118g程度をおすすめしています。118gあたり123kcalで、約ご飯半膳程度のカロリーになります。(ご飯1膳160gで269kcal*)*出典: 日本食品標準成分表2015年版(七訂)

Q糖尿病や糖類を制限されている人も飲めますか?

A弊社の「麹だけでつくったあまさけ」は米麹と水のみでつくる甘酒です。
糖類や甘味料は一切添加しておりませんが、主成分は「ブドウ糖」です。血液中のブドウ糖を血糖と呼ぶように、ブドウ糖と糖尿病には密接な関係がございますので、糖尿病の患者様や糖類を制限されている方は、飲用の可否・摂取量についてかかりつけのお医者様にご相談いただくことをおすすめいたします。

Qどのような効能がありますか?

A「麹だけでつくったあまさけ」はブドウ糖を主成分として、必須アミノ酸やビタミンB群等が含まれております。弊社では甘酒メーカーとして「麹だけでつくったあまさけ」に含まれる成分と機能性の研究を行っております。その中で、スポーツ選手の疲労回復効果や腎透析を受けられている方のお通じ改善などの結果を学会で発表しております。今後も、お客様に「麹だけでつくったあまさけ」の機能性をお伝えできるよう研究開発を行って参りますのでご期待ください。

Qこのまま飲んでもいいですか?

Aそのままストレートでお飲みいただけます。また、豆乳や牛乳で割っていただいたり、レモン汁を絞って入れていただいても美味しくお召し上がりいただけます。
また、夏は冷やして、冬はあたためて、いろいろなアレンジもお楽しみいただけます。

Q温めるときはどうしたらいいですか?

A「麹だけでつくったあまさけ」の容器は耐熱容器ではございませんので、電子レンジや湯煎などで直接温める際は容器が変形する可能性がございます。温める際には中身を耐熱容器に移してから電子レンジや湯煎にて温めていただくことをおすすめいたします。鍋で直接加熱される場合は焦げる恐れがありますので、弱火でゆっくりと常にかき混ぜながら温めてください。沸騰するような高温で長時間加熱しますと、アミノカルボニル反応(熱によって糖とアミノ酸が反応し、色が変化する反応)や、ビタミンの減損が起きますのでご留意ください。
 
Q冷凍保存してもいいですか?

A未開封での冷凍は中身が膨張し容器が破裂する恐れがあり、危険ですのでご遠慮ください。また、開封後の製品を冷凍した場合、臭い移りや水分と含有成分が分離し、解凍時に水っぽくなる恐れや本来の風味を損なう場合がございますので、おすすめしておりません。

Q飲む以外に料理にも使えますか?

A料理酒と使うことでみりんの代わりに、またお砂糖の代わりとして煮物や味つけにご利用いただくことでやさしい甘味がお料理の味わいを引き立てます。また、魚や肉の臭みをなくし、ふっくらと柔らかな食感になります。

Q甘酒の色が濃くなりました。飲んでも問題ありませんか?

A「麹だけでつくったあまさけ」の色づき(褐変)は、アミノカルボニル反応(熱によって糖とアミノ酸が反応し、色が変化する反応)によって進行いたします。なお、冷蔵保管されていてもゆっくりと進行し、保管温度が高いほど着色は進む傾向にございます。冷蔵保存された賞味期限内の製品であれば、お飲みいただいても品質に問題はございませんのでご安心ください。ただ、常温保存されていたあまさけで着色の度合いが高いものは着色によるこげ臭が発生し、風味が変化している場合がございますのでおすすめできません。

Q「麹だけでつくったあまさけ」を買える店を教えてください。

A全国の「麹だけでつくったあまさけ」を買える店は下記からご確認いただけます。

http://www.hakkaisan.co.jp/sake/amasake-shop

Q通信販売等は行っていますか?

A「千年こうじや」オンラインショップにて通信販売を承っております。

■オンラインショップhttp://shop.sennen-koujiya.jp/

■フリーダイヤル 0800-800-4181(お盆休み・年末年始を除く9:00~17:00)

▲ページトップヘ


 

よくいただく質問 [魚沼の里]

 

Q魚沼の里では何ができますか?

A各施設でのお食事や喫茶、売店をご利用いただけます。つつみや八蔵では酒造りDVDの上映や、八海山雪室では雪中貯蔵庫体感ツアー(当日申込み制)などを行っております。また、不定期で酒蔵見学やイベントを開催しております。詳細は「魚沼の里」ホームページをご覧ください。

Q八海山雪室の雪中貯蔵庫体感ツアーは予約できますか?

A雪中貯蔵体感ツアーはお電話やメールでの事前受付は行っておりません。当日申込み制で定員15名様(先着順)となっております。ご希望の方は八海山雪室内ユキナカキッチンでお申し込みを承ります。ツアー開催時間は下記の通りです。

①10:30  ②11:00  ③11:30  ④12:30  ⑤13:00  ⑥13:30  ⑦14:00  ⑧14:30  ⑨15:00  ⑩15:30

※参加費は無料、 所要時間は15分程となっています。

※庫内は寒いので、軽く羽織るものをご準備ください。

※外気温との温度差が激しいため、体調の優れない方や持病のある方のご参加はご遠慮ください。

※上記のご案内時間等は、予告無く変更になる場合がございます。

Q団体で雪室見学・施設(食事)予約できますか? 

A大変申し訳ございませんが、雪室見学・施設(食事)予約は承っておりません。

Q営業時間・定休日を教えてください。 

A八海山雪室、そば屋長森、城内食堂武火文火、菓子処さとや、つつみや八蔵、みんなの社員食堂、
猿倉山ビール醸造所は元日(1月1日)以外は営業しております。little M.のみ火曜定休です。
各施設の営業時間は下記の通りです。

■八海山雪室 10:00~17:00

■猿倉山ビール醸造所 10:00~17:00

■そば屋長森 11:00~15:00(土日11時~17時)

■城内食堂武火文火 11:00~15:00

■菓子処さとや 10:00~17:00

■つつみや八蔵 10:00~17:00

■みんなの社員食堂 11:00~15:00

■little M.  10:00~17:00

Q駐車場はありますか?有料ですか?

A「八海山雪室」前に90台の駐車スペースがあり、無料でご利用いただけます。 

Q入場料はいりますか?

A入場料はございません。どの施設も無料でご覧いただけます。

Qお土産を買いたいのですが、売店はありますか?

A八海山雪室・猿倉山ビール醸造所・つつみや八蔵・菓子処さとや・little M.に売店がございます。

Qクレジットカードの支払いはできますか?

A「みんなの社員食堂」「さとやベーカリー」「little M.」を除く、すべての店舗でご利用いただけます。

 (VISA・JCB・MASTER・Diners Club・DISCOVER・AMERICANEXPRESSご利用可)

Q売店から商品を発送してもらえますか?

A「八海山雪室」「リカーショップ猿倉山」「つつみや八蔵」では、ご来店時にお買い上げいただいた商品のみ発送を承っております。お電話やメール等によるご注文の発送は承っておりませんのでご了承ください。

また、「菓子処さとや」ではお電話・FAXにて発送を承ります。(※季節によって、発送にお時間をいただく場合がございますので、ご注文の際はあらかじめ余裕を持ってお申しつけください。)

Q車イスでも各施設をまわれますか?

A魚沼の里内は広く、施設が点在しており店舗間の距離がございますが、スロープやエレベーターがございますので、車椅子の方・ベビーカーの方もご覧いただけます。「八海山雪室」「つつみや八蔵」で車椅子の無料貸出しをしておりますので、お気軽にスタッフまでお声掛けください。

Qペットは各施設に連れて行ってもいいですか?

A補助犬(盲導犬、介助犬、聴導犬)を除く、ペットの各施設への入店はご遠慮いただいておりますが、魚沼の里の施設以外の散歩道はペットもご自由に散策いただけます。

Q社員食堂は社員でなくても利用できますか?

A一般のお客様もご利用いただけます。お電話やメールでの事前予約は承っておりませんので、直接お越しいただき、券売機にて食券をお買い求めください。

Qアクセス方法が知りたいです。

A下記の「交通のご案内ページ」でご確認いただけます。また、魚沼の里周辺はバスが通っておりませんので、お車かタクシーでお越しください。http://www.uonuma-no-sato.jp/access

Q冬に車で行く場合、チェーンは必要ですか?

Aここ魚沼は新潟県屈指の豪雪地帯です。雪だけではなく、路面が凍結していることもございます。魚沼の里周辺には坂道もあり危険ですので、スタッドレスタイヤの装着またはタイヤチェーンなどの滑り止めを持ってお越しください。詳しくはお客様相談室0800-800-3865(平日9:00~17:00)までお問合せください。
 

▲ページトップヘ

preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | 採用情報 | プライバシーポリシー | Global |
Copyright 2018 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.