最新情報
会社について
製品について
4月 28

新鮮で若い時が最高の状態の日本酒もいくつかありますが、

ほとんどの日本酒は数ヶ月間熟成されると飲み頃を迎え、まろやかな味わいになります。

中には数年間、特別な管理の下で熟成させることにより、酒質が開花する日本酒もあり、
それらはとても素晴らしい味わいです。

私は最近、そのような熟成の日本酒を味わう機会を得ました。

その新商品は「八海山雪室貯蔵酒三年」です。

Hakkaisan Snow Aged Junmai Ginjo 3 Years

日本酒の熟成は、非常に難しいメカニズムで経過します。

もしうまくいかなければ、熟成された日本酒の味はバランスを崩し劣化してしまいます。

うまくいけば、熟成した日本酒は香りを凝縮し、更に良く深い味わいになります。

八海山では、日本酒の熟成感とバランスを造りだすために、2つのポイントを置いています。

一つ目は雪の冷熱を利用した熟成です。

Inside the Yuki Muro Snow Storehouse.
Inside the Yuki Muro Snow Storehouse.

二つ目は、雪室での熟成は加工されない原酒のままで熟成させることにあります。

原酒の日本酒はフルフレーバーですので、和食以外の食事にもあいます。

blog-Lehmann-2-

 

八海山雪室貯蔵酒三年の規格を見てみましょう。

アルコール度:17.0%
日本酒度:-1
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
使用米:山田錦(麹米)ゆきの精・五百万石(掛米)
精米歩合:50%
使用酵母:協会1001、M310

チャンスがあれば、八海山雪室貯蔵酒三年を試してみてください。

 

 

 

 

 

Some sakes are at their best when they are fresh and young.

Most sakes taste best when they are stored for just a few months. 

And a rare few sakes really come to life when aged under special care for several years

I recently had the opportunity to taste just such an aged sake… a new product called
“Hakkaisan Snow-Aged Junmai Ginjo 3 Years”.

Aging sake can be a tricky business. 

If not done skillfully, sake can turn stale and bitter tasting with age.

If done well, aging sake can concentrate flavors and enrich and deepen the best traits of a sake. 

Hakkaisan uses two ways to achieve richness and balance in their aged sake.

First, they age their sake in snow.

Hakkaisan Yuki Muro is a wonderful facility that allows them to age sake without using electricity.

Second, the sake is Genshu strength.

Tasting

Let’s look at the stats for Hakkaisan Snow-Aged Junmai Ginjo 3 Years.

If you have a chance to try Hakkaisan Yukimuro 3 year aged, please enjoy!

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | 採用情報 | プライバシーポリシー | Global |
Copyright 2018 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.