こだわりの酒造り
清酒「八海山」が飲める店
日本酒用語の基礎知識
蔵本編集局
SAKE-BAR
サイトマップ
お問い合わせ

「日本酒をもっと楽しみたい」「日本酒はまだ初心者で…」という方のために、知っておきたい基本用語を分かりやすく解説しました。
 
s_logo4.gif (3848bytes)

あ行   か行   さ行   た行   な行   は行   ま行   や行   ら行   わ行

あ行
  甘口(あまくち)
  甘く感じる酒のことであるが、日本酒には糖分の他にもアルコールはもちろん、アミノ酸や酸類など非常に多くの呈味(ていみ)成分が含まれており、それらの総合された味を感じることになる。したがって、糖分の量だけでは判断できないが、一般的には酒中に3%以上の糖分が含まれると甘く感じるようになる。また同じ糖分でも酸(乳酸、コハク酸、リンゴ酸など)が少ないと甘さが引き立つ。
日本酒度
 
 
  アミノ酸度(あみのさんど)
  酒に含まれるアミノ酸量のこと。この量が多いほど濃醇で雑味を感じやすくなり、少ないときれいで淡麗な味になるといわれている。  
 
  アルコール度数(あるこーるどすう)
  酒類に含まれるエチルアルコールの容量割合(度数で表示してある)のこと。現在は15度台の日本酒が多いが、低濃度アルコール酒といわれる15度以下のものも出荷されている。原酒の場合は18〜20度のものが多い。  
▲TOP


(C) Copyright 1999 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.