最新情報
会社について
製品について
10月 10

日本酒night 新潟県・八海山で利き酒の会

イベント コメントは受け付けていません。

来月、東京で、清酒八海山の利き酒と、料理とのペアリング体験をお楽しみいただく
日本酒night★新潟県・八海山で利き酒の会」が開催されます。

雑誌オレンジページが運営する一味違う食とくらしの体験型スタジオ
コトラボ」のクラスの一環として開かれるものです。
詳細は次の通りです。

開催日時:2017年11月19日(日)17:00~19:00
参加費 :7,560円(税込)
会 場 :コトラボ阿佐ヶ谷
     (東京都杉並区阿佐谷南2丁目42ビーンズ阿佐ヶ谷)

お申し込みは直接、下記「コトラボ」さんのサイトからお願いいたします。

https://www.coto-lab.com/lesson/pairing-sake-2/

皆様のご参加をお待ちいたしております。

9月 29

麻布 千年こうじや 9月29日オープン

八海山情報 コメントは受け付けていません。

「米・麹・発酵」をテーマに新潟魚沼の豊かな食文化をご紹介する「千年こうじや」が

本日9月29日(金)に東京・麻布十番にオープンいたしました。

店舗は「八海山 千年こうじや」出店時に移転という形で一旦離れていた開業の地、

麻布十番に立ち戻り、私どもならではの「食と酒」をテーマにした店舗として関東圏内では

初となる1、2階の2フロアで営業いたします。

1階は「麹だけでつくったあまさけ」シリーズの販売と、あまさけを使用したアレンジドリンクの

イートイン/テイクアウトコーナーで、ご好評いただいているあまさけを手軽にお楽しみいただける

ようにいたします。併せて、日本では希少な「ガンジー牛」を使用したソフトクリームや千年こうじやの

スイーツ類も販売いたします。

2階は日本酒の新たな提案として販売スペースに「日本酒専用熟成庫」を備え、お客様がご購入された

酒を長期間お預かりします。また、カウンターでは清酒八海山と食とのペアリングメニューを

ご提供しお楽しみいただきたいと考えております。

今回のオープンを機に、販売する商品も従来の千年こうじや商品に加え、これまで以上に発酵食の

可能性の幅広さを感じていただけるよう展開いたします。

麻布十番商店街の大通りに面した立地を活かし、千年こうじやの新たな「旗艦店」として、多くの

皆様に魚沼の食文化の魅力をお伝え致します。

麻布 千年こうじや
開業日  :2017年9月29日(金)
営業時間:11:00~21:00
所在地  :東京都港区麻布十番1-8-9 1・2階
電話番号:03-6277-8578 

 

9月 29

【ティムズ・コーナー10】梅干し

ティムズ・コーナー コメントは受け付けていません。

外国人にとって梅干しは珍しい食べ物です。

最初、私にとって梅干しは酸っぱすぎました。

最近、私は梅干しのファンになりました。

私は梅干しがどのように作られているか見ることができました。

どの様に作られるのか、見てみましょう。

まず梅を洗います。

次に梅の茎が取り除きます。

皮膚を痛まないように注意してください。

次にきれいな梅を梅の重量に対し8%の塩と混ぜます。

次に梅干しが入った容器を密封します。

一週間後には梅から水分が沢山出ます。

次に赤い紫蘇を洗います。

次に赤い紫蘇を塩と混ぜもみアク抜きを2回します。

赤い紫蘇は梅の実の上にのせられます。

一月後つけ樽から出し梅を3日間ほど天日干しします。

桶に戻し2~3ヶ月で梅干しの出来上がりです。

八海山で梅干しを楽しんでください!

For Non-japanese, Umeboshi may be an on unusual food.

At first, Umeboshi was too sour for me.

Recently I became a fan of Umeboshi.

I recently was able to see how umeboshi is made.

Let’s take a look at how it is made.

First the plums are washed

next the ume stem is removed.

Be careful not to break the skin.

Next mix the clean ume with salt

next we seal the container.

After 1 week the ume have released a lot of liquid.

Next we wash the red shiso

next we mix the red shiso with salt.

The red shiso then goes on top of the ume.

after one month, the ume are dried for 3 days in the sun.

the umeboshi are finished!

Please enjoy your Umeboshi with Hakkaisan!

 

 

 

 

9月 22

八海大阪営業所で実施している

清酒八海山の日本酒スタンダードセミナー第4期日程と

スペシャル企画セミナー10~12月の日程が決定しました。

 

・【大阪】日本酒スタンダードセミナー

清酒「八海山」の造りを全6回にわけて詳しく学べます。発酵食品と日本酒とのペアリング体験もできるお得なセミナーです。

 

・【大阪】スペシャル企画セミナー

季節ごとに移り変わる日本酒の魅力や、お酒の新たな楽しみ方を知っていただく特別企画セミナーです。

毎月変わるテーマに合わせて飲み比べ体験などの企画もご用意いたします。

 

それぞれの日程は、下記URLの千年こうじやwebサイトのセミナーページにカテゴリー別に挙げておりますのでご確認ください。

http://www.sennen-koujiya.jp/seminar2

 

お申し込みは上記のwebサイト上にて受付中です。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

9月 21

八海山季刊誌 魚沼へ 最新号の御案内

八海山情報 コメントは受け付けていません。

弊社発行の季刊誌 「魚沼へ」の最新号 2017年秋号です。

魚沼へ 2017 AUTUMN  秋号 VOL.56 

特集=魚沼の峠 その2
庶民の道をゆく 
「入鉄砲出女」武士だけでなく、関所を通る庶民も厳しく規制されていた時代。
特に隣国に接する峠道は厳しい監視下にあった。
それでも庶民は生活に、信仰に、必死に峠を越えていった。魚沼の峠紀行後編
 
銀の夢を抱いて 魚沼市 枝折峠
信仰の道 十日町市 深坂峠
旧十日町住還の面影 南魚沼市 栃窪峠
<余談>反戦の誓い 雪峠
 
特別寄稿 いつ雪は降るの When will the snow appear?
文と写真 ティモシー・サリバン
 
 
連載=魚沼の博物誌31 「ケラ」 松岡達英
連載=魚沼雑記53 「学校林の出番」池内紀
連載=たべものスケッチ47 「シシャモ」 本山賢司
連載=酒の肴46「秋野菜の含め煮 ごまだれかけ」「長いもとぶどうのレモン酢あえ」「なすの皮の当座煮」
連載=魚沼有情7 「収穫の秋」 柳木昭信
連載=今宵いい味いいお店56
 

■購読のお問い合わせ・お申し込みは
八海醸造株式会社 お客様相談室 「魚沼へ」係
TEL 0800-800-3865(平日のみ9:00~17:00)
FAX 025-775-3300
※土、日、祝日は翌営業日以降の対応となりますので御了承ください。

preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | English |
Copyright 2011 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.