最新情報
会社について
製品について
7月 22

初呑み切りを行ないました

八海山情報 コメントは受け付けていません。

先日、 八海醸造の「初呑み切り」を行ないました。

呑み切りとは、「呑み」(貯蔵タンクの側面下についている清酒の取り出し口)
を「切り」(開栓する)、貯蔵酒の香、味、色を官能検査(きき酒)等によって分析し、
火落ち等の早期発見、蔵内全般の酒質の把握、
個々の酒質、熟度に応じて調合、出荷時期を決める等の目的で行なわれます。

品質管理のために行なう重要な蔵内行事です。

仕込みを終わって最初に行なう呑み切りを初呑み切りといいます。

日本酒は、造りの後の貯蔵によっても品質が左右されますので、
貯蔵も広い意味での“造り”のうちと捉えるべき重要な製造工程です。

初呑み切りは杜氏をはじめ、蔵人も全員がきき酒を行ないます。

長い冬の間、蔵人達が心を込めて仕込んだ酒。
・今年の酒はどうだろうか?
・目標どおりの酒になっているだろうか?

・火落ちしていないだろうか?
・美味い酒になっているだろうか?
などと思いながらの初呑み切りです。

その後も、八海醸造では適宜呑み切りを行い、貯蔵酒の状態を把握し、
常に一定の酒質の日本酒を皆様にお届けできるよう、品質管理をしていきます。

7月 15

東京都目黒区 えん自由が丘店 「日本酒会」

イベント コメントは受け付けていません。

東京都目黒区「えん 自由が丘店」にて「日本酒会」を開催いたします。

夏の素材を活かしたコース仕立ての和食料理と「八海山 雪室貯蔵三年」を含めた6種類のお酒を愉しんでいただきます。

当日は蔵人も参加し、八海山の酒造りについて語ります。

日本酒好きな方はもちろん、日本酒は興味があるけれどもよく分からない…という方も大歓迎です。

お気軽にご参加ください。

■日時:2016年7月27日(水) 19:00~21:30

■会場:えん 自由が丘店  
東京都目黒区自由が丘1-10-4 マイリッチビル3F

■会費:お一人様6,000円

■定員:30 名

■この件に関する問い合わせ先
えん 自由が丘店 TEL 03-5726-2426
http://byo.co.jp/?p=3639

 

6月 30

東京都中央区銀座「方舟 大吟醸しずく 銀座中央通り店」にて「八海山プレミアムディナー」を
開催いたします。

限定品を含めた8種類の「八海山」と新潟県産・魚沼産の旬の素材を使った特別会席料理を
愉しむスペシャルなひととき。

当日は弊社社長 南雲二郎と実際に酒造りに携わっている蔵人も参加し、皆様と素敵な時間を
共有したいと思います。

ぜひこの機会に「八海山の志」を五感でお楽しみくださいませ。

 

PDF

■日時:2016年8月8日(月) 19:00~21:30

■会場:方舟 大吟醸しずく  銀座中央通り店  
東京都中央区銀座8-8-8GINZA888ビル6階 

■会費:お一人様23,000円【会席料理/日本酒8種/税込】

■定員:14名

■この件に関する問い合わせ先
方舟大吟醸しずく 銀座中央通店 TEL 03-6274-6920
http://www.hakobune-ceory.com/event/event/2154.html
 

6月 20

八海山季刊誌 魚沼へ 最新号の御案内

八海山情報 コメントは受け付けていません。

弊社発行の季刊誌 「魚沼へ」の最新号 2016年夏号です。

魚沼へ 2016 SUMMER  夏号 VOL.51

特集=魚沼、川紀行その2

昨年の川紀行に引き続き魚野川最南部の支流、登川、三国川、
宇田沢川、水無川、佐梨川、破間川を訪ねた「魚野川紀行」の後編
 
連載=魚沼の博物誌26 「バッタを見ると元気が出る」 松岡達英
連載=魚沼雑記48 「坂戸城周遊」池内紀
連載=たべものスケッチ42 「ソラマメ」 本山賢司
連載=酒の肴42 「冷や汁」「たことパプリカの一口から揚げ」
連載=魚沼有情② 「水と戯れる」 柳木昭信
連載=今宵いい味いいお店51
 

■購読のお問い合わせ・お申し込みは
八海醸造株式会社 お客様相談室 「魚沼へ」係
TEL 025-775-3866(平日のみ9:00~17:00)
FAX 025-775-3300
※土、日、祝日は翌営業日以降の対応となりますので御了承ください。

6月 17

【新発売】純米吟醸 八海山 雪室貯蔵三年

製品情報 コメントは受け付けていません。

この度、自社の雪室にある専用タンクで貯蔵した酒を「純米吟醸 八海山 雪室貯蔵三年」として
新発売いたします。

      

「純米吟醸 八海山 雪室貯蔵三年」は雪室貯蔵用として特別に仕込み、弊社が2013年に開設した
「八海山雪室」の専用タンクで3年間熟成させた純米吟醸酒です。

新潟県魚沼地方は2~3mもの雪が降り積もる日本屈指の豪雪地帯です。
長く厳しい冬が続く雪国の暮らしにとって、時にやっかいな存在にもなる雪ですが、
先人たちはその雪の力を活かした雪国独特の暮らしや食文化を育んできました。
そのひとつが「雪室」であり雪国の人たちの知恵と工夫から生まれた「天然の冷蔵庫」です。
現代のような冷蔵庫がなかった時代、年間を通して低温を保つ「雪室」は、
野菜などを保存するだけでなく、野菜や食品を冬の凍結から守り、夏は雪や氷を売るなど、
生活の糧にもなりました。


【八海山雪室 雪中貯蔵庫 】

「八海山雪室」は冬の間に降り積もった約1,000トンもの雪を蓄えることで1年を通して
3度前後という低温高湿な環境が安定的に保たれています。
雪室の環境が様々な食品に優れた貯蔵効果をもたらすとして改めて見直されておりますが、
日本酒も雪室に貯蔵することで、荒々しさや角がとれてまろやかになるといわれております。
日本酒は常温で長期貯蔵すると香りや味わいが崩れてしまうと敬遠されてきましたが、
雪室の安定的な環境により、3年という長期間の貯蔵が実現し、雪室貯蔵特有のまろやかな味わいが
うまれました。

■商品概要
純米吟醸 八海山 雪室貯蔵三年
原料米:山田錦(麹)、ゆきの精(掛米)、五百万石(掛米)
精米歩合:50%
アルコール度:17度 
日本酒度:-1
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
容量:720ml  
価格:3,100円(税別)

お客様のお近くのお取扱店様を御紹介させていただいております。
詳しくは弊社お客様相談室へお問い合わせください。

TEL 025-775-3866 (平日のみ9:00~17:00)
FAX 025-775-3300 
※土、日、祝日は翌営業日以降の対応となりますので御了承ください。

 
preload preload preload

| ホーム | 最新情報 | 会社について | 製品について | お客様相談室 | サイトマップ | English |
Copyright 2011 HAKKAISAN BREWERY CO.,LTD. All rights reserved.